反感&失笑を買わない-大人のタブレット使いこなし講座

画像
【All About News Dig】連動エントリー


タブレットを華麗にカッコよく使いこなすのは、なかなか容易ではありません。使っている本人は得意気で鼻高々かもしれませんが、打ち合わせで相手がいきなりタブレットを出してくると、ビジネスマンの79%(石原総研調べ)は反射的に「ムッ」とします。さらに、そのうちの83%(同)が心の中で「なに嬉しそうに使ってんだよ」と失笑しています。

「今どきタブレットなんて当たり前でしょ」「タブレットぐらいで誰も何とも思わないよ」と本気で言いたい人は、己の視野の狭さや客観性のなさをもう少し自覚したほうがいいでしょう。まんまと売る側の甘言に乗せられている単純さも兼ね備えているようです。
世の中の多くの人は、そんなに頭が柔らかくもないし、見慣れないツールを使われることに寛大でもないし、タブレットごときで優越感を抱いているおバカさんをあたたかく見守るほどやさしくもありません。

(中略)

仕事先でタブレットを取り出しても反感や失笑を買わないために、大人として覚えておきたい「3つの心得」を伝授いたしましょう。

……

というコラムを書きました。

続きは「All Abaut News Dig」で。