親どころか犯罪者本人を非難する資格も野次馬にはない

画像
【All About News Dig】連動エントリー


自分が被害者になっているわけでもないのに、ニュースで騒がれている犯罪の容疑者に対して、何のためらいもなく「ケシカラン!」とか「謝罪しろ!」と責めたりネットに書いたりできる人って、どういうつもりなんでしょうね。昔から、犯罪者の家に石が投げられたとか家族が村八分にされたといった話もよく聞きます。


そういうことをして悦に入るような人になるぐらいなら、責められる側になるほうがまだマシです。いや、子どもに犯罪を犯してほしいわけではありませんが。


みのもんたさんが次男の逮捕で、報道番組を降ろされた(無意味な言いかえは自粛させていただきます)ことに関して、成人した子どものやったことに対して、親はどこまで責任を負うべきかということが議論になっています。


みのもんたさん、報道番組「出演自粛」 次男逮捕で「深く責任感じ」


……

というコラムを書きました。

続きは「All Abaut News Dig」で。