夢想!スーツで面接に行ったら落とされる社会

画像
【All About News Dig】連動エントリー

ちょっと前にネット上で四半世紀の時を隔てた2枚の写真が広まり、多くの人に衝撃を与えました。日本航空(JAL)の最近の入社式と1986年の入社式の光景を比べたもので、元は日経新聞の2010年の記事です。現在の写真は全員が同じ形の黒いスーツに、髪形や靴、顔つきまで見事に同じ。それに対して25年前は、思い思いの服装でスーツはほとんどいなくて、顔つきもバラエティ豊かです。

(中略)

就職と服装という話では、ちょっと前に微妙にモヤモヤっとした気持ちにさせられるニュースがありました。

就活ママにスーツ 神奈川県が貸し出し

いや、これはこれでいいと思います。就活ママがスーツを借りたおかげで落ち着いて面接に臨めていい結果が出れば、それはけっこうなことです。ハローワークや市役所が「就活ママのために何かできないか」と考え、こうしたサービスを始めたことに対して、ケチをつけるつもりはありません。

……

というコラムを書きました。

続きは「All Abaut News Dig」で。