伊勢うどんは今、木村拓哉の気持ちを味わっている

画像
【All About News Dig】連動エントリー


常に前進を続けていく上で、ライバルの存在は極めて重要です。トップを脅かされる心配がなく、ゆうゆうと独走できる状態というのは、けっして嬉しいものではありません。

かつて、5年連続で「ベストジーニスト」に選ばれ、おそらくこのままじゃコンテストが盛り上がらないからということで「殿堂入り」することになった木村拓哉も、こんな気持ちだったのでしょうか。何を隠そう、伊勢うどんは今、木村拓哉の気持ちを味わっています。ああ、後ろが見えない状態で先頭を走り続けるというのは、寂しいものだったんですね。

現在、京都・祇園の「うどんミュージアム」が、ウェブ上で「ご当地うどん総選挙」という画期的な総選挙を実施しています。

……

というちょっとコラムを書きました。

続きは「All Abaut News Dig」で。